カスミッシモ練習日誌

キンカンぶんそう

金管分奏のようすはホルンのばしばしがお伝えします(´ω`三´ω`)


金管は最初から最後までしっかりどってり、
ビッグアップル尽くしでした!!
とくに今回は、

ここ疲れるからやだねー!今度でいいよねー!ヽ(・∀・)ノ

と、先延ばしにし続けていた(!)2楽章の難所に取り組みました(`_´)ゞ



ホルンはですね、、
その幅なんと4オクターブの音域を、ほぼ余すところなく使います

高音域は命がけで己の限界に挑み、

低音域は、、、

鼻がかゆいです{(-_-)}


低音域を吹くときは、唇をうまーく弛緩させつつぶるぶると振動させて音を出すので、
そのすぐ上にあるお鼻氏がむずむずするんです{(-_-)}

低音地獄の後には中音域にて鬼気迫る強打がありますが、
普通の音域に戻れたことが幸せすぎてつい出過ぎてしまうのが悩みどころです。笑



そんな地味ーな苦労しているホルンパート、
今回は超かっこよく大活躍しますからぜひご注目くださいね!!!
{(-_-)}{(-_-)}{(-_-)}{(-_-)}
[PR]
by kasmissimo | 2014-06-29 11:40 | Comments(0)
<< ご無沙汰しております 打楽器分奏(という名の個人練) >>